You never know what You can do till you try

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術?

昨晩0時過ぎ、腰骨の横あたりが、身体の中を握りつぶされるような痛みに見舞われた。
トイレに行っても鮮血で真っ赤に。お腹をさすりながら就寝。
いつの間にか眠れていたが、また3時頃痛みで目が覚めて、1時間ほど眠れず。

次は6時前。よく考えると3時間ごと。
6時半ごろまで耐えたけど、もう無理かもしれない、(救急車)呼ぼうか、とも思った。
インターネットで調べてたら、子宮外妊娠ばっかりに辿り着いて、冷や汗。
それからはなんとか落ち着いてきて、9時過ぎに産婦人科に電話。
土曜の受診予定だったが、と事情を説明し、受診したほうがいいかお伺い。
“うちの範疇じゃないかもしれませんけど、とりあえず受診ください”と。
いやいや、卵管のとこらへんの痛みなんやから、そら産科やろ、と思いながら受診。

今日は主人は仕事のため、母親に連絡し、産婦人科に来てもらう。

院長先生にまた診てもらえる。
内診をしてもらうも、もちろん胎嚢は見えず。
内膜も厚いまま、との話。
先々週の土曜と先週の土曜に採血よりHCGの値を調べてもらったけど、
先生の予想とは反して濃度は上がっていた。
基礎体温も高温期のままのことについて先生も不思議がられる。

先生曰く、薬も呑まず流産するのを待っていたけど、そのために腹痛が出てしまったこと、
今日から2日間子宮収縮の薬を呑んで経過を見て、塊などが出てこなければ、
稽留流産として子宮を掻き出す手術を金曜日に行うと話された。

いやいや、土曜まで薬なしで様子見てって話やったのに、いきなり手術?
私の頭はパニック状態。
横から母は、稽留流産なら一刻を争うから早くした方がいい、と自分の体験を元に話す。
母も12wくらいで、死産を経験し、稽留流産の手術をした経緯あり。
そのため、しぶしぶ手術の同意をするけれど、
看護師さんから手術の説明をどんどんされていると、
主人がいないので、勝手に判断したくないこと、
先週の土曜に薬を呑むのを選択してたら
1週間薬を呑んで今週の土曜にどうするかの判断だったはずやから、
薬をしばらくは服用して、週明けぐらいに手術を受けるかどうかの最終判断をしたいこと、
を先生の所に戻って伝える。
一応、金曜で手術の枠は空けとくけど、キャンセルなら電話して。土曜の予約は消さずに置いとく、
と仰ってもらえた。
薬は子宮収縮の薬2種類と、止血剤2種類を5日間。頓服で痛み止め20回分。

こんな患者やったら自分が対応するの絶対嫌やわ、と思いながら。苦笑
でも先生は、手術は本人さんの同意がないともちろんできないからしっかり考えてね、と優しく仰ってくださる。
子宮外妊娠の心配はないのか、素人目にしてきになると先生に伝える。
この時期にこのホルモンの上がり方ならまずないと思うけど、
手術してもホルモン値が下がらなかったり、高温期のままだったら
再度子宮外妊娠を疑わないといけない、と言われた。

診察室を出ると、母親は手術しないでいいのならしないに越したことはない、
薬で出てきたらいいね、とさっきとの掌の返し様。笑

そんなこんなで産婦人科を出る。主人から心配した連絡が2回もあったので、事情報告。

先週土曜日に行ったときは手術の話なんか一切なかったのに。
薬呑まんかったら即手術とか、
と怒っている。
私が今日腹痛で急遽受診したから痛みのことを心配して手術の提案になったこと伝える。
自分がどうしたいかを考えて、自分のしたいようにしたらいいよ。
無責任って思われるかもしれないけど、自分の身体が一番大事やで
、と言われる。

でもまたもや急すぎて頭がついていかない。

とりあえず、薬を5日間しっかり呑むことから始めないといけない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

eighth note♪

Author:eighth note♪
FC2ブログへようこそ!

BLUE of STYLE
↑昔のHPです。1つ前の恋から
向こう(元彼)と付き合って12日まで
計1年2ヶ月ほど書いてます。
(それからは受験のため仮閉鎖)
今までのことが気になる方はどうぞ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

2007年01月04日よりカウント♪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。